読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170420

 

四月も早20日が過ぎた。あっという間だ。

小一時間と眺める時間を取る前に桜が散ってゆく。眺める時間を取ればいいだけの話なんだけど、最近は自宅にいる時間が最優先されていたので、つい。

 

いつになっても先が思いやられる。いつになっても先が思いやられるままここまできたのだから、もしかしたらこの先も、先々を思いやりながら何とか歩いていけるのかもしれない。そうだといい。

今ここでは、きっとそうなるだろうと思うことにした。

 

 

明日も桜は咲いているだろうか。或いは落とした目の先に散った桜が見えるかもしれない。