読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160917

 

着地点が見つからず、

下手に着地させようとして骨折するくらいなら一旦もうしばらく漂って見つけてから着地しよう、と思って数日考え続けては悶えておりました。

 

ようやくちょっとそれっぽいものが見つかった。気がする。

そんな大層なものにはなれなそうな、吹けば飛びそうな、ちっぽけなものですけど。それでもいいかな。

 

 

 

ヒントを得ようと、そこらにある本引っ張り出して片っ端からめくったり。

慌てているから、そんなところで新たな情報を頭に詰め込んでも逆に混乱が酷くなる一方でした。

 

本題からぼんやり離れてみると、却って見えなかったものが見えたりしますね。

 

 

近すぎるばかりではだめ、遠すぎるばかりもだめ。どちらも程よく、ですか…そう考えてみると目の使い方と一緒だ。