読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170327

割とまじめ 個人的見回

 

魚にはレベルがある。食べる時の骨の取りにくさレベル。そのレベルが上がるほど、魚の食べ方の上手さが要求される。

 

たとえば、鰤やむきさめなんかはレベル1といってもよい。鯵の開きやみりん干しなんかはレベル2か3あたり。

これが鰯や秋刀魚となってくるとレベル5ほどで、目下の最上級クラスは鰈ではないかと考えている。鱈はどの辺だろう。

 

 

この、骨による難関度が表になっていたらば、魚の食べ方が上手くなりたい人にとって大変役に立ちそうである。

少なくともここにいる一人の役には立つ。

 

20170326

心の赴くまま 随想的 日記的 割とまじめ 疑問回

 

口内炎が口の中の炎症だとしたら口の外の炎症はすべて口外炎なのか。

久方ぶりに口内炎に苛まれるとこんな思考になったりもする。そのうちに口内炎という名称そのものに苛つき始めるからしょうもない。

 

 

今日は朝からどんよりとしていて、しばらくすると雨が陰鬱に拍車をかけた。建物の中、たとえばスーパーやデパートのような外が見えず広い建物にいると空模様も関係なく過ごすことができる。

束の間の逃避に気分を良くして外を見れば、また仕方なく陰鬱に身を落として帰るより他はなかった。

 

20170325

ゆるい 心の赴くまま やりたいこと 日常回

 

 

 

たとえ薄手であっても、表面積が大きい分、バスタオルとしての役目を勤勉に勤め上げる。そんな風に思います。

なるだけワイドなバスタオルを我が家で探してたところで通常サイズのバスタオルしかないので、大判バスタオルは初めて出会ったかもしれません。非常に良かった。

 

そうしたタオル一枚とっても、暮らしやすさとは…という話になり、そこに費用や時間や何かを惜しまず費やすことで、快適さのレベルがより向上していくのかもしれない。

暮らしやすさについてなど、これまであまり考えずがむしゃらに暮らしてきてしまった。

ここ(心)に暮らしやすさ向上委員会を発足させよう。

 

20170324

ゆるい 心の赴くまま 日記的

 

その時は実感が湧かなくて、後になってぶわーっと実感が追いかけてくることがありますね。

後追い実感。次の日の朝ふと目覚めた時とか。

 

今はまだウォーミングアップの実感が、いつハンターのように追ってくるか。

今しばらく猶予がありますが、その猶予が長ければ長いだけ、実感に殴られた時の衝撃が大きかったりするような気がします。

 

じわじわと襲いかかる実感と、一気にガツンと殴る実感。

そのどちらとも、何ともいえませんが、強いていうならば実感実感言いすぎて実感が何か分からなくなってきました。

 

20170323

割とまじめ 心の赴くまま 好きなもの 個人的見回

 

ひょっとしたら時間の浪費行為が趣味なのかもしれない。昨日の記事を書きながらふと思った。

 

趣味を尋ねられた時に答えるようにしている旅も、アクティブに動いて充足感を得るよか、行き当たりばったりでだらだら動く方が好きで。

旅先に赴いて、そこからどのように時間を贅沢に無駄遣いするか。そこにかかっているといってもいい。

面白みのない時間の無駄遣いは勿論好きではない。いかにして面白く暇を潰すか。

 

 

「所詮人生は暇潰し」と誰かが言っていたような気がするが、いかに面白い暇の潰し方をするか、これに尽きると思う。

 

20170322

まじめ 心の赴くまま 好きなもの 個人的見回

 

この、時間を分刻みで削るように消費する社会の中で、より速い交通手段を用いることは殆どの場合ベターな選択とされ、時間のかかる交通手段は無駄と言われかねない。つまり時間の無駄だと。

それが安価であるとしても、多くの人がお金より時間を取る。

なんだかこのまま「モモ」の話にもっていけそうなところでもあるけれど、今日はそうはせず進める。

 

 

わたしが毎度毎度、時間のかかる交通手段をとる理由は、

吝嗇であることや乗り物に揺られるのが好きということ、時間が長くなるほどに旅している気持ちが得られることもそのうちに挙げられるとはいえ、それ以上に時間を存分に満喫したいからかもしれない。

人はこの行動を時間の浪費行為と呼ぶが、つまりその裏を返せば時間を贅沢に使いたいということだ。時間を好きなだけ無駄遣いできる。それも、身動きの取れぬ閉鎖空間であるとはいえ、自分の好きな使い方で。

 

音楽を聴くもよし、車窓に流れる景色を見るもよし、乗り物を感じるもよし、本を読むもよし。

この四つを同時に行う時に訪れるその満足感は、まぁ分かる人には分かればよい。

 

20170321

ゆるい 日記的 好きなもの 日常回

 

外へ出るとなればいくらでもついでの用事が出てくる。

思いがけぬ外出の予定が入り、どうせなら、とこなす用事が三つも四つも増えた。

これらを頭で順序立てたり最適なルートを考えたりしてると、頭を使っている気になる。なんて言うと、日頃使ってないのがばれてしまうが。

 

 

出かけるのは好きなので、初めは不本意であったとしてもそのうちについ、うきうきしてくる。

今日は雨だったけれど、これが濡れても平気な靴にヨイカンジの傘であれば更に輪をかけて浮かれていたやもしれんなあ。