読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170206

 

寒い日の空腹は体の芯から冷えてしまう。全身冷え切ってしまって、一つも温かいところが見当たらないような。

あまりに冷え込むと、生者なのかどうかすら怪しいような、そんな気までし始めてしまう。

 

ところがそこに食事(温かいもの)が入ると、体の芯に明かりが灯ったみたいにどこか奥の方に温かいものを感じて、生者であることを実感する…

 

なぁ。と、今日すっかり冷え込んだ体で寒い中を彷徨い続けてそう思いました。

寒い時ほど食事が大切。

 

栄おばあちゃんじゃないけれど、「いちばんいけないのはおなかがすいていることと、独りでいること」なんでしょうな。寒い時はなおさら。