読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160910

 

「今日が一番若い」という言葉を前にどこかで目にしました。そしてハッとさせられた。

 

事ある毎に思い出してはまたハッとするばかり。

 

 

自分自身を省みれば行動力のエンジンとなるこの言葉ですが、

家族や年の離れた知り合いのことを考えると、なんとも切ない気持ちになります。だって、年老いていく一方なんですもの。

 

 

 

時間は不可逆性で、前にしか進まない。

 

現在から等速で進んでいるはずだが、微細すぎて進んでいることに気付かない。

長い目で見て、変化を感じて、そこでようやく時間の進行に気付く。

 

振り返った時に絶望と後悔しかないよりかは、時間の進行を受け止め、その上でできることを考え、絶望と後悔に先手を打ってゆくことができたなら、

 

それはきっと時間の進行に対する反抗になり得る。

 

 

 

 

 

と思ったはいいものの、それを常に念頭に置いて行動できているか?といったら答えはノー。こうして後悔の種が育ってゆく。