読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160713

 

「敗北主義」とは。

 

 

【敗北主義】

勝利・成功の手だてを念頭におかず、初めから敗北・失敗するだろうと考えて事にあたる考え方や態度。

(デジタル大辞泉より)

 

 

 

わたしが実践してるやつだ・・・

 

これ、一概に悪いとは言えないのではないでしょうか。

 

 

 

というのも、がっかりしたり嫌な気持ちになるのはそもそも心のどこかに期待があるからで、

 

最初から諦念を以てかかれば、

良ければラッキーだし、ダメなら予め用意していた心の通りというわけで。

 

 

そもそもこの「期待」という気持ちが、心に様々な緩みを引き起こすのでは。慢心とか。

勿論、活力などプラスな気持ちも引き起こしているはずですが。

 

 

 

わたしの場合は期待して裏切られることばかりでしたので、そのうちに敗北主義になったわけですが、

期待しなければ、良い結果になった時の嬉しさは大きいし、感謝の気持ちさえ芽生える。

 

諦念というのは、必ずしも悪いことではないと、わたしは思います。

 

 

 

 

 

それにしてもこの「敗北主義」って言葉が悪いよなあ。

 

勝ちとか負けとか言ってる時点で負けだっての。