読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160708

まじめ 心の赴くまま

 

こう、惰性的に生きるのではなくて、

主体的に生を生きたいわけよ。

 

 

自分の意思とは無関係に生まれて、

成長するとともに何となく生きて、

自我が確立していくと共になあなあで生活を続けて、

そしてそのまま死んでゆくの?

 

それが普通なのかもしれないけれど、

なんだかそれは、ただ流されて生きているだけに思えてしまって。

それで命を消費してしまうのは、どこか勿体無いような、そんな気がしてしまう。

 

 

命はあって当たり前ではない。

一つの命に一つずつ、何か成すべきことがある、というのは、もしかしたらそれは人々の、人生に意味を認めたいが為の言にすぎないかもしれない。

 

何か成すべきことがあるわけではなくても、

どうせこの世に生まれたなら、せいぜい足掻いて、足掻ききって、生を全うした方が、生も存在しがいがあるのではないか。

 

 

毎日のそれぞれを蔑ろにせず、

一日一日を自らの手で掴み取って、

「今日も無事、生ききったな」と思えるような、そんな生き方がしたい。

 

充実した日々、とは少し違う。

いつ終わっても後悔の残らない日々、と言うのか。

 

 

 

常住死身。

朝に道を聞かば夕に死すとも可なり。

メメントモリ

 

口で言うのは簡単だけど、

無意識のうちに意識させるのは難しい。