読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160702

 

時期尚早の虫刺され、その年最初の虫刺されなんかはやたらにタチが悪いように思っています。

 

虫刺されって色んなタイプがある。

例えば、二、三日経ってまた痒くなるタイプとか。最初だけ痒くて後は痒くならないタイプとか。かさぶたができるタイプとか。

これらは何によって変わるのだろう?

 

 

一昨日の夜、蚊を倒せず諦めて寝たら、蚊が耳元を通る度に眠りを妨げられる上に10カ所も刺されました。

その時刺されたところが今、絶賛痒さぶり返し中でございまして。

寧ろ刺されたところ増えたような。アレ?

 

血を提供する代わりに、何か代金にあたるものが欲しいですよね。免疫とかさ。

痒さしか返さないもんだから、こちらも心穏やかじゃないんだわ。ついつい敵として認識してしまう。

 

 

 

夏が来たということは、蚊との戦いも幕を開けたということ。戦いの夏が来た。