読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160610

割とまじめ 読書回 好きなもの

 

前日の言を撤回いたします。

 

 

前日撤回ってなんかいいな。昨日の何かが気に食わなかった時などにどうですか。

 

 

話を戻しますが、改行について。

下書きでは以前の通り思った分の改行なのですが、それが公開になると一行余分に改行されているのですね。

それを考慮して改行しなければならない、と。

 

まぁ、それくらいならいいです。大丈夫です。慣れればいいので。

こちらで調節して、思った分の改行にすればいいので。

 

 

 

 

 

地下生活者/遠灘鮫腹海岸 (集英社文庫)
 

 

 

好きな作家を尋ねられると、
即答で浅田次郎さんや椎名誠さんあたりが出てくるのですが、

そんな椎名誠さんのSF作品。

 

椎名誠さんというと、以前ほんの一言だけ触れた気がしますが、そこまで深くは触れてなかったような。

実はつい先日「殺したい蕎麦屋」を読んだところでした。

 

生き方に憧れる人は?と尋ねられたらわたしは椎名誠さんと答えます。憧れの生活を地で行く人です。素敵なんです。

 

 

ちなみにここだけの話ですが、10年近く前に父から「ハリセンボンの逆襲」を拝借したまま。今もわたしの本棚にあります。

 

 


こちら、書名から分かる通り、「遠灘鮫腹海岸」と「地下生活者」の二編が収められていまして。

 

昨日、「遠灘鮫腹海岸」を読み、

今日、「地下生活者」を読んだのですが

 

「地下生活者」、ヨニモキミョーナでの映像化を望みます。久々に引き込まれたSFでした。

終盤のゾッとする加減というか、いや、ゾッとするというよりスッとなるというか。

そこがヨニモキミョーナにもってこいです。

 

ヨニモキミョーナでやるなら、カメラの視点を主人公目線にしたら面白そう。

 

途中は端折らざるを得ないだろうけど、それでも十分面白さは伝わると思う。とても見たい。

 

 

 

「遠灘鮫腹海岸」は既に椎名誠さん監督で映画が撮られているのですね。「しずかなあやしい午後に」。

 

見たいけれども、如何せん昔のビデオとなると、どうしたら見れるだろう。

どこかにあるだろうか。

 

 

 

 

 

長旅用に取っておくつもりだったのに、堪えきれず読みきってしまった。

 

読みたい本はギリギリに買わないと。

読みたい本を読まずに置いておくなんて、わたしには土台無理な話でした。