読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160427


テーマ回どうしよう、とか言っておいて
結局何も決まってませんでしたね。

忙しいを言い訳にするのは好かないのですが、取り敢えず落ち着くまで、じっくり温めさせてください。


とか言って、そのうち始めちゃうかもしない。

不確定事項を言葉にすると嘘になるって言ったろ!





わたしとしては、書き手を増やしたいところ。

誰が書いてるか分からないのってわくわくしませんか。



Twitterで中の人が複数&名乗らない共用アカウントを作ってみたい、ということは前々から言っています。


例えば中の人①の呟きに対し、中の人②が反応する。

他の人からはまるで自分にツッコミを入れているかのように見えるけど、当人たちだけは分かっているかもしれない。


あるいは、中の人①が呟き、そこに中の人②がツッコみ、中の人③が参戦して茶々を入れる。

端から見ると自己が分裂しているかのように見えるかもしれない。


虚構の一人の人間を作り上げようとは思わないけど、とにかく自分が自分であることを自覚しなかったらどうなるのだろう、といった意味で興味があるのです。



自己から離れて思考を言語化し発信できる、そんな現代社会だからこそ為せる技かもしれませんね。


便利な時代になりました。

便利が増えれば増えるほど、新たな不便も生まれるけれど。


せっかくこの時代に生まれついたからには、
この時代ならではの生き方をして、
この時代の人ぶるのが楽しいかもしれない。