発案回

20171007

弔事・慶事というものは様々な人が集まるものだからえらく気を使う。 「今話しているこの人は誰なのだろう」と思いながら応対していると、早くSF世界の技術が展開されて今話している人のデータが表示されるようになってくれ、頼むから、という気持ちになる。…

20170830

話題に困るとすぐ暑さ寒さの話になってしまう。それか日付の話。もしくは寝落ちについて。 特にここ最近はそのどれかばかりだったような気がしますね。日記のようで完全に日記とはいかないから難しい。日記ならいんたーねっとの海で書くわけにはいくまい。 …

20170404

夜から朝にかけては冬並みに冷え込むのに、昼間はまるで春のように暖かいので困ったもんだ。我々は一体どっちに合わせたらいいのだ。ただただ翻弄されるばかりの今日この頃です。 そんな弱さを気取られぬべく、見えないよう下に薄手のセーターを着込んで(※こ…

20170123

様々な手続きを進めたり何だりでえらく頭を使ったような気がします。パソコンとスマホとのにらめっこが続いたからか目と頭が疲れている。 引っ越しって大仕事だ。 電気ガス水道にインターネット、このインターネットは回線とプロバイダの二箇所分手続きしな…

20161128

歴史と文化の保護のために官営で作られたテーマパークが、タイムマシンの台頭により下火になるも奮戦する世界の話が読みたい— 優游 (@yuuyuubuji) 2016年11月28日 ふとそんなSFのような世界を考えていました。 国立国会図書館や各博物館が全て一つに集まり、…

20161122

今朝は目覚ましが鳴る前に目が覚めて、何かと思っているうちに揺れ始めました。 生物の力ってすごい。すごいや。わたしだって命の危機には過敏になれるんだ。自分が一端の生物であることがわかって少し嬉しい。 そんな始まりを告げた今日は、いい天気の日と…

20161023

敵陣と自陣に分かれる何らかのチーム戦、互いに敵陣はゾンビだか怪物だかに見えてて、でもそれはお互い様で、みたいなゲームどうですか— 優游 (@yuuyuubuji) 2016年10月23日 倒した後に、その敵が自分と何ら変わらぬ人間だったことが分かる仕様だと更にわた…