一つのツイートから深める回

20171017

終わりのない天国は地獄— 優游 (@yuuyuubuji) 2017年10月17日 有限であるから却って良い。 終わりがあるから、良い。 永遠の天国は地獄と化す。どんなに心地良くても、欲深さ故に「もっと心地良く、もっともっと心地良く」とキリがなく、そうしてそれは止ま…

20170930

生きているのは全部気のせい— 優游 (@yuuyuubuji) 2017年9月30日 生きているのか、果たして生きているとはどういうことなのか、それを踏まえた上で本当に生きているのか。 生きているのか分からなくても、それそのものが気のせいということにすれば、心なし…

20170921

テーマを決め、それに基づいて進行する何かをやりたい 座談会でもカラオケでも何でも形式は問わない— 優游 (@yuuyuubuji) 2017年9月18日 お昼にやっていた「ライオンのごきげんよう」のサイコロみたいなのがあればいいのに。何が出るかな。 今調べたら「ライ…

20170522

不快指数がだだ上がった一日だった。 何をするにもべたついた体には億劫で、かといって動かないと椅子と背との間が凄まじく熱を持つ。 何をしてもしなくてもだめな暑さ。 朝起きてからというもの、ナンと食べる系のカレーが食べてあ— 優游 (@yuuyuubuji) 201…

20170208

毛玉と毛羽立ちの境界線が曖昧であることについて毛玉取り機をかけながら考えるなど— 優游 (@yuuyuubuji) 2017年2月4日 毛玉取り機をかけると、一見して毛玉のように見えて毛羽立ちの範囲内のものは取れなかったりして、あまり取れないことがあります。 そう…

20161203

質問をされる機会などそうそうないので、テレビ見てて番組内でされてる質問を自らに投げて考えたりする。考えたこともないことについて考えられるのはいいですね— 優游 (@yuuyuubuji) 2016年12月2日 芸能人などではないから、あまり質問を受けることってない…

20161128

歴史と文化の保護のために官営で作られたテーマパークが、タイムマシンの台頭により下火になるも奮戦する世界の話が読みたい— 優游 (@yuuyuubuji) 2016年11月28日 ふとそんなSFのような世界を考えていました。 国立国会図書館や各博物館が全て一つに集まり、…

20161106

寝る前に本を読み、パタンと閉じて寝るみたいな高尚なことに憧れるのだけど 目がわるいからコンタクト外しちゃうと文字読めないし、本をパタンと閉じてからコンタクトを外しに行くのはなんかちがうので その憧れが叶えられない— 優游 (@yuuyuubuji) 2016年11…

20161105

ラジオで新曲のフルが流れるのをカセットテープに録音して、それをひたすらに聴いて歌詞を覚えようとする時代があった。そんな必死さは今や必要なくなって、そしてもう二度と来ないのかなぁ— 優游 (@yuuyuubuji) 2016年11月5日 今や新曲というとMVや何かがい…

20160719

笑ってくれる人がいないと持ちうるポテンシャルを発揮できなくてますます自分のつまらなさにがっかりする一方だけど、これが笑ってくれる人がいるだけでポテンシャルの発揮加減が尋常じゃなく上がるから、笑ってくれる人は大切な存在である— 優游 (@yuuyuubu…

20160712

人混みの中にいると、これほんとに全員人生ビギナーなの?と思ってしまう 少しくらい人生2周目くらいな人生プロいてもよくない?アドバイザー的な— 優游 (@yuuyuubuji) 2016年7月10日 年齢やステータスや人柄関係なく、みんな人生初心者なんですよね?地球上…